探偵,素行調査,料金

e-探偵素行調査料金ガイド


HOME >> 浮気調査の費用を節約する方法は、でき



浮気調査の費用を節約する方法は、でき


浮気調査の費用を節約する方法は、できる限り事前に自分で調査をすることでしょう。調査とはいっても簡単にできることなのです。



何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査なのです。毎日の出勤時間、帰ってきた時間、電話が掛ってきた場合は、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、二人の間に亀裂があったと認められる場合、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、歳や婚姻年数など全体的にみて裁判官の決定を待つことになります。


浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。相手が信頼できなくなってしまったら人生を一緒に歩むのはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。
それと、原因となった不倫相手に慰謝料を求めれば、間違いなく別れさせられるはずです。依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならば終わりというものではありません。浮気の実態を調査し始めると、何かしらのトラブルが起こるものです。

そんな場合には、まず依頼者の立場を優先的に思ってくれるような探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。

信頼できる探偵の見分け方は、お話を進めるときの印象などで慎重に決めるとよいでしょう。


車の目立たない場所にGPS端末を忍ばせ、行動の様子をリアルタイムで監視し、移動中の所在を確認したり、記録したデータを後から取り出して様々な分析をすることも可能です。
車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。
これで、相手がどこに立ち寄ったのかやそこで過ごした時間もわかるでしょう。



実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は3〜4日が目安です。とはいっても、これはあくまで平均がそれぐらいだという話です。浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあるのです。
それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が調査員に伝えられていた場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。探偵が浮気調査する時でも失敗したりするようです。探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗しない保証がごく稀にあります。
調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。
それか、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは証拠入手が困難です。


離婚も辞さないつもりで、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。



そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、さらに揉める可能性が高いので、止めるようお願いします。
あなたが信じて頼れる人と行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。

信頼できる人が見つからない場合は、探偵等に頼むことをお勧めします。わけもわからず自分で動き回るよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。
探偵に依頼する方が、浮気の証拠をちゃんとつかめます。



自分で手を尽くして調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。でも、パートナーを問い詰めても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件で離婚できません。
そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか迷って決められないですよね。


それを避けるために、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、よく考えておくことが賢明です。法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

関連記事です




Copyright (c) 2014 e-探偵素行調査料金ガイド All rights reserved.

▲TOP